ボディ

体質によって変わります|炭水化物ダイエットは食べるダイエット

成功させるため大切なこと

ジュース

酵素ドリンクを使ったダイエットを成功させるためには、正しいやり方で行う必要があります。ダイエットとしてはもちろんのこと、普段の食事生活や生活スタイルを見直すきっかけとして、行なってみても良いかもしれません。

View Detail

体内をきれいにして痩せる

ウォーター

芸能人などがダイエットの大成功したなど、メディアなどでも話題になっているのが水素水ダイエットです。体の代謝を高めてくれて脂肪が燃えやすくなり、体の中をきれいにしてくれます。飲むタイミングなどに気をつけると効果も出やすくなります。

View Detail

スタイル維持のために

体重計

ダイエットを行う時に気を付けたいのが運動と食事です。運動量を増やせば脂肪がエネルギーとして使われるので痩せることが出来ます。食事は極端に制限すると一時的には痩せますがリバウンドしてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

View Detail

体質によって変わります

パン

全て駄目ではありません

炭水化物ダイエットは体重増加に繋がる血糖値の上昇を抑えることを目的として、炭水化物を制限するダイエット方法となっています。 しかし、炭水化物を全く摂取しないと痩せる効果は例えあっても健康被害が表れるとされています。したがって、血糖値が危険なほど高い訳ではない限りは例え炭水化物ダイエットであっても無理に制限しすぎない方がよいことが言えます。 その際、血糖値があまり上がりにくい炭水化物を活用するとよいことが言えます。炭水化物の中でも、玄米、ライ麦パン、蕎麦、春雨といった食品は血糖値が上がりにくいとされています。したがって、それらの食品を炭水化物ダイエットに活かすと、健康被害を出しにくく、減量効果を出すことが見込めます。

己を知ることです

炭水化物ダイエットは、体質によって、効果の差が出やすいダイエット方法とされています。つまり、思ったより効果が現れにくい人もいるのも事実です。たとえば、糖質で太りやすい遺伝子体質の人(俗にリンゴ型と言われ、遺伝子検査によって分かります)、血糖値が上昇しやすい人は炭水化物ダイエットが適しているケースが多いです。 逆に、脂質で太りやすいなどの他の体質であること、血糖値がそこまで高くない場合は炭水化物ダイエットを行ってもあまりダイエット効果が見込めない可能性があります。 したがって、炭水化物ダイエットの実行を考えているのであれば、まずは実行前に自分の体質や体内の状況を知った方がダイエットの近道とも言えます。

おデブ菌を抜き取る

ラクして痩せたいと思う人の多くが試していることと言えば、プチ断食。カロリーを摂取する量や回数を減らすことで、自然と痩せることができるだろうという考えからですが、実はそれだけでダイエットを叶えることができるわけではありません。本当におデブ菌と戦いたいのであれば、ご飯や糖分を減らす炭水化物ダイエットを行なうのがいいでしょう。腸内環境に太りやすい因子を残したままにしていても、ダイエットは非効率です。ですから、炭水化物の摂取を控えて痩せやすい体質を作ることが大きな近道となります。