水着

体質によって変わります|炭水化物ダイエットは食べるダイエット

スタイル維持のために

体重計

余分な脂肪を落とす方法

ダイエットは持続して行うのが予想以上に大変です。怠惰な生活を送っていると身体に脂肪がついてしまい肥満になります。肥満になると色々な病気を発症してしまう可能性もありますから、肥満にならないためにはダイエットを行う必要があります。しかし、普段運動を行っていないひとがいきなり激しい運動を始めたとしても身体に負担が掛かってしまい筋肉を傷めて逆効果になってしまうこともあるでしょう。身体を動かす習慣がない方は緩やかな運動から初めてください。有酸素運動は脂肪を効率よく燃焼させることが出来ますから、軽いジョギングやウォーキングもダイエットには効果的です。短期間で考えるのではなく、長期のスパンで運動を行うようにしましょう。

食事制限

食べる量を減らせば確実に痩せます。しかし、食事制限によるダイエットはリバウンドしやすいので気を付けましょう。特に運動をあまりしていない人ですと、食べる量を減らせばその分体重も減るのですが、脂肪ではなく筋肉から減ります。また、摂取量を減らすことによって、少ないエネルギーで身体を動かせるようになりますから、基礎代謝も減ってしまいます。一時期は体重が落ちて痩せたという方も、食事の量を増やすことによって、以前よりも体重増加してしまう傾向があるので気を付けましょう。食事制限だけのダイエットは筋肉量を減らしてしまうので注意しなければなりません。栄養のバランスの取れた食事に変えて運動をすることが大切になります。